拙著 Kindle本はこちら ➡ 著作一覧

【読書の意味】なぜ読書をするのか。読書時間の確保の仕方

読書時間をどうやったら確保できるの?

という疑問を解消していきたいと思います。

目次

読書の場所

読書の場所は基本的には、自宅がおすすめです。

以前、私はカフェなどで読書を行っていたことがあります。

しかし、効率的だったかと言えば必ずしもそうではありません。

読書時間を確保しようと思わないこと

まず、読書時間を確保しようと思わないことが大切です。

そもそも読書時間は作るものではなくて、〝出来るもの〟です。

時間を確保しようと思っている限り、読書は遠のいていくと思われます。

ギターの練習などもそうなんですが、「よし、やるぞ!」と、意気込む頃にはもうすでにやる気がMAXの状態です。

そうではなくて、徐々にやる気を出していく状態が一番望ましいのです。

ですから、読書するぞと意気込む暇があるんだったら、さっさと本を手に取れば良いだけの話です。

何も迷う必要はありません。

なぜ読書するのか

塵やホコリ

個人的には読書の目的は自分の頭の中にある塵やホコリを拭うためです。

人間生きている内に知らない間に自分の中に汚れのようなものが溜まっていきます。

それを掃除するために読書します。

普段何となく気持ちがモヤモヤしているときはありませんか?

そんな時はまさに自分がよどんでいるのです。

それは周囲のせいもあるかも知れませんが、まずは自分の教養を高めることに集中します。

要は、自分をレベルアップしていくわけですね。

読書を始めたきっかけ

無知

そもそも本を読み始めたのは自分が「何も知らないと感じたから」です。

全部知っている状態だったら勉強などしなくとも良いのですが、そういうわけにはいきません。

大半の人は学校の勉強が終わったら、もう勉強しなくともいいと思いがちですが、実際知らないことの方が世の中圧倒的に多いのが現状です。

日に日に知らない情報が増えていっているといってもいいでしょう。

読書のタイミング

おなかが空いたとき

これはご飯と一緒で〝おなかが空いたとき〟です。

あるタイミングで〝空っぽ〟の状態になるので、その時に本で勉強します。

この感覚があればわざわざ「本を読もう」と意気込む必要はなくなります。

気がついたら勉強している感じですね。

この状態が望ましいと感じます。

義務的にならない

たまに、学校や企業で読書習慣をつけるために〝義務的に〟本を読む冊数を決めているところがありますが、何の意味もありません。

そもそも読書習慣のない人を無理矢理やらせたところで馬の耳に念仏です。

受け身にならない

そもそも、読書というのは能動的なもので強制による受け身の状態では本来の効果を発揮できません。

〝自分のため〟にやるものを人から強制されるなど全く以て本末転倒です。

即止めた方が良いでしょう。

疑問の解消 ~強制しない~

私も読書は強制されませんでした。

自分が勉強しようと思ったときに必要な本を読んでいく内にたくさんの疑問がわいてきます。

その疑問を解消するためにまた別の本を参照するのです。

その繰り返しでいつの間にか本棚が必要になり、本でいっぱいになっていくのです。

本屋へ通う

その内、足繁く本屋さんに通うようになり、さらにAmazonで本を物色するなど常に脳をアップデートするように自然となっていきます。

そうなったら、気がついたら読書ということでわざわざ時間を取る必要はなくなります。

いつでも読書

家でも電車でもタクシーでも飛行機でも、スーパーでレジ待ちしているときでもいつでも読書です。

文庫本や新書本を使い分けて、あるいはスマホに電子書籍でも構いません。

読みたい本を常にケータイしてユビキタスに読書すればいつの間にか冊数は増えていきます。

気がつけば周囲の人を話が合わなくなっていくことにも気がついてくるはずです。

読書で得られたもの

論理的・合理的考え方が出来るようになった。

これは大きいです。

世の中には嘘が多いので自分の頭で考えるということが、非常に大事になってきます。

ですから、学校で教わるよりも自分で勉強したり読書から学ぶことが重要になってきます。

自分だけの頭では考えても答えは出てきません。

『学びて思わざれば則ち罔し(くらし)、思いて学ばざれば則ち殆し(あやうし)』

そういうことなんですね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

HAKAのアバター HAKA Kindle Author

Kindle Author / 宅地建物取引士 /
2級ファイナンシャル・プランニング技能士
学士(法学)/ 趣味Guitarist /
突発性難聴・メニエール病/ 難聴 /
元・伊藤塾司法試験塾長クラス
Kindle著書:『読書脳』『コロナと憲法』など
Amazon kindleストアより発売中。

配信曲:『Unleash The Fury』
初ギターインストゥルメンタルSingle曲
Apple Music等から配信!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次