拙著 Kindle本はこちら ➡ 著作一覧

憲法と法律の違い。一体何が違うのかについて解説

study

憲法は法律の親玉でしょ?

そう考えている人はかなり多いのではないでしょうか。

なぜかというと、学校で「ピラミッド構造」を見ているからです。

目次

憲法の階層構造

筆者作成

これを見ると憲法は法律の親玉のように感じてしまいますよね

そのヒエラルヒーのトップが「憲法」になっているわけですから、勘違いするのも無理ありません。

しかし、結論からすれば、

法律の親玉は憲法ではありません。

そもそも、憲法は国の「土台」であり、ヒエラルヒーのトップではないのです。

本来ならこう説明するべきです。

憲法の階層
筆者作成

なぜかというと

憲法と法律では「主体」「客体が」違うからです。

憲法法律
主体国民国家権力
客体国家権力国民
憲法と法律の差異

これを理解すれば、憲法に対する価値観が180度変わります。

そうは言っても、憲法には3大義務があるじゃないか

確かにありますが、本来、憲法は「権利」を明記するものであって義務を明記するものではありません。

ではなぜ、憲法が権利を明記するものなのでしょうか。

それが、先ほどの主体と客体の話になります。

そもそも、憲法は国家権力を縛るものです。

第一編で基本的人権といういう「目的」を定めて、第二編の統治機構で「手段」として国家権力にそれを守れと言っているわけです。

憲法99条を見てください。

第10章 最高法規
第99条 【憲法尊重擁護の義務】 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。
日本国憲法

から、国民は憲法尊重擁護義務はありません。

憲法は国民の見方なのです。

YouTubeでも少し説明しています。

憲法に対する価値観が変わった本

憲法についての価値観が180度変わった本があります。

それが

『伊藤真の憲法入門』

この本を知れば、憲法に対する苦手意識もなくなるでしょう。

この本は憲法とは何かに簡単な言葉で口語体で書いています。

講義再現版というだけあって語りかけるような口調で説明しているので、飽きることがありません。

法律書の中では「入門書」の位置づけですが、文字通り入口に立たせてくれる1冊です。

私は本は基本的に「楽天」で購入しています。

理由は「楽天ポイント」が貯まるからです。

楽天ポイントは色々使えて非常に便利なので。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

伊藤真の憲法入門 第6版 講義再現版 [ 伊藤 真 ]
価格:1870円(税込、送料無料) (2022/5/28時点)


よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

HAKAのアバター HAKA Kindle Author

Kindle Author / 宅地建物取引士 /
2級ファイナンシャル・プランニング技能士
学士(法学)/ 趣味Guitarist /
突発性難聴・メニエール病/ 難聴 /
元・伊藤塾司法試験塾長クラス
Kindle著書:『読書脳』『コロナと憲法』など
Amazon kindleストアより発売中。

配信曲:『Unleash The Fury』
初ギターインストゥルメンタルSingle曲
Apple Music等から配信!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次