拙著 Kindle本はこちら ➡ 著作一覧

PS5のデジタルエディッション版は買ってはいけない?実際に購入した感想は?

2023年に入って、PS5の通常版がようやく普通に購入出来るようになってきました。

しかし、そこで気になるのが、〝PS5のデジタルエディッション〟は買ってはいけないという意見です。

PS5を購入したいけど、デジタルエディッション版と通常版のどちらぎいのか・・・

そこで、実際にPS5のデジタルエディッション版を購入した私が本音レビューをします。

ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥60,470 (2023/09/16 11:00時点 | Amazon調べ)
目次

デジタルエディッション版と通常版の違い

まずは、デジタルエディッション版と通常版の違いが分からないと始まりません。

スクロールできます
PlayStation5(通常版)PlayStation5
(デジタルエディッション版)
価格60,478円49,478円
CPUAMD Ryzen Zen2 8コア/16スレッドAMD Ryzen Zen2 8コア/16スレッド
GPUAMD Radeon RDNA 2AMD Radeon RDNA 2
メモリGDDR 16GBGDDR 16GB
ストレージ825GB SSD825GB SSD
光学ドライブUltra HD Blu-Rayドライブドライブなし
最大映像出力4K/120Hz・8K/60Hz(HDMI 2.1)4K/120Hz・8K/60Hz(HDMI 2.1)
最大消費電力350W340W
PS4互換性ありあり
重さ約4.5kg約3.9kg
サイズ約390(幅)×104(高さ)×260(奥行き)mm約390(幅)×92(高さ)×260(奥行き)mm
スリムさドライブがあるため大きいドライブがない分スリム

最大の違いは、ドライブがあるかないかと価格でしょう、

PlayStation5のドライブはUltra HD Blu-Ray ドライブとなっています。

ブルーレイを見る人はいる機能です。

PS5のデジタルエディッション版を買ってはいけない理由

ディスク版がプレイできない

デジタルエディッション版はドライブがないため、ディスク版がプレイできません。

そのため中古のソフトや、友人知人からソフトを借りてプレイすることができません。

ストレージがいっぱいになりやすい

PlayStation5のストレージは通常版、デジタルエディッション版の両方とも825GB SSDしかありません。

デジタルエディッション版はダウンロード・インストールしてプレイするため、昨今のゲームソフトの容量ではすぐにストレージはいっぱいになってしまいます。

ソフト1本あたり数十ギガしますからね。

その反面、通常版はインストールしなくてもいいため、ストレージの心配がほとんどいりません。

Blu-ray/DVDが見れない

デジタルエディッション版はドライブがありませんからPlayStation5でBlu-ray/DVDなどを見ることができません。

PS5デジタルエディッションを買った理由

PS5デジタルエディッション版を買わない方がいい理由はあります。

正直、PS5通常版しようかとも考えていました。

それでもなぜ私が購入したかと言うと、

自分にとって、デジタルエディッション版の方がメリットの方が大きかったから

デジタルエディッション版にした理由
  • ドライブはまったく使わない
  • ソフトの置き場所を取られたくない
  • 少しでも安くてスリムな方がいい

ドライブはまったく使わない

まず、ドライブはまったく使いません。

ダウンロード版で購入するのに慣れてしまうと、ソフトの入れ替えが面倒ではないダウンロード購入の方がいいですね。

ストレージを拡張

SSD外部ストレージを利用すればストレージ問題もある程度クリアできます。

1TBのSSDをUSBで外部接続して使い、PS4のソフトをそちらに格納しています。

PCゲームライトユーザーで、ここ10年くらい「パッケージ版」を購入していない

ここ10年くらいPCゲームライトユーザーでした。

そのため、「パッケージ版」を購入していませんからドライブはいらないね。

PCゲームも最初は「パッケージ版」を購入していましたが、シリアルナンバーくらいしか同封していなく、パッケージがかさばり邪魔になりました

その経緯があるため、パッケージ版の購入は考えていませんでしたね。

もちろん、「輸入盤」もあり、それはダウンロード出来ませんからその時は「パッケージ版」が必要になってきますが、アップデートには対応できない可能性もあります。

Blu-ray/DVDも見ない

個人的に、PS5は小型のゲーミングPCという位置づけで、Blu-rayなども見ません。

ソフトの入れ替えが面倒

ソフトの入れ替えも面倒ですからドライブは使いませんね。

ダウンロード版の方が、ソフトを気分によって変えていき安いです。

今の気分はこのソフトじゃないな・・・。

ソフト変えよう。

その点、ダウンロード版はインストールしているため、切り替えも簡単です。

ソフトの置き場所を取られたくない

本棚は本でいっぱいなので、「パッケージ版」を置く余裕がありません。

そのため、ソフトの場所を全くとらなくていいダウンロード版が最適です。

少しでも安くてスリムな方がいい

ドライブをまったく使わないのなら、通常版とデジタルエディッション版の違いはあとは価格のみということになります。

それなら、価格も安くてスリムで軽量な(それでも大きいですが)デジタルエディッション版の方がいいと判断しました。

本体価格が、デジタルエディッション版の方が1万円ほど安くなります。

最後に

PS5デジタルエディッション版を購入してよかった?

満足です。

デジタルエディッション版でよかった

ソフトの入れ替えもなく、通常版よりスリムで軽量、不便は感じていません。

ストレージは大丈夫?

本体ストレージ825GB SSDに加えて、USB接続のSSD外部ストレージ1TBを使ったらそんなには困りません。

終わったゲーム、あまりプレイしないゲームはアンインストールして容量を空けています。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

HAKAのアバター HAKA Kindle Author

Kindle Author / 宅地建物取引士 /
2級ファイナンシャル・プランニング技能士
学士(法学)/ 趣味Guitarist /
突発性難聴・メニエール病/ 難聴 /
元・伊藤塾司法試験塾長クラス
Kindle著書:『読書脳』『コロナと憲法』など
Amazon kindleストアより発売中。

配信曲:『Unleash The Fury』
初ギターインストゥルメンタルSingle曲
Apple Music等から配信!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次