拙著 Kindle本はこちら ➡ 著作一覧

Kindle端末はいらない?紙の本か電子書籍か、300冊売って出た結論。

Kindleの電子書籍端末はいらないという意見もあります。

そこで、300冊売った上での個人的な結論を述べたいと思います。

\ブログやるなら、国内シェアNo1レンタルサーバー/

公式サイトでCheck!

サーバー選びに迷ったら老舗のXserver(エックスサーバー)でOK!

目次

電子書籍or紙の本

本を300冊売りました。

その上で出た結論があります。

電子書籍の方がメリットが多い

電子書籍のメリット
  • 電子書籍の方が安い
  • 生活空間を圧迫されない
  • 何百何千冊、持ち運びできる
  • いつでもどこでも、ネット環境があれば購入できる
  • 半永久的に持っておくことが出来る
  • 劣化しない
  • 本を売るより結果的に安く済む

今回引っ越しをするにあたり、段ボールに詰めていたら、本の段ボール数の方が多くなってしまいました。

これではいけないと、考え直しましたね。

紙の本で一番大変なこと

『管理』が大変

これに尽きます。

紙の本の管理の大変さ
  • 「ホコリ」をかぶるため掃除する必要がある
  • 本棚費用もかかり、部屋に「本棚設置スペース」を確保する必要がある
  • 本棚自体の掃除も必要
  • 〝本が日焼け〟しないように「本棚の向き」を配慮する必要がある
  • 〝濡れた手で本を触ってふやけてしまわないように〟など、本自体に気を遣ってしまうことがある

電子書籍なら、紙の本の問題点をクリアすることが出来ます。

読書環境で大切なこと

今回300冊本を売ってみて、自分にとっての読書環境を改めて考えてみました。

読書の際に自分にとって一番大事なことは何なのか・・・。

それは、〝「管理」を徹底的になくして、安く大量に読むこと

それが出来る環境を構築することが、快適な読書の道だと判断しました。

最適な読書環境の構築

最適な読書環境の構築の第一歩が「電子書籍」読書です。

今回、300冊売った売却金額は6万円以上になりました。

仮に1冊平均1,000円として、300冊購入すると以下の通り。

1,000円×300冊=300,000円

300,000円ー60,000円=240,000円

Kindle電子書籍の半額セールや50%ポイント還元などのキャンペーンを利用して電子書籍本を購入すると、本の購入代金は半額の15万円ほどで済みます。

300冊を「紙の本」で購入した場合の代金
300冊を「電子書籍」で購入した場合
  • 24万円
  • 15万円

よって、電子書籍で購入した方が、お財布には優しいという結果になります。

もちろん、紙の本には質感を感じながら読めるというメリットがあるなど、電子書籍にはないメリットがあります。

自分にとってはそのメリット非常に大事なのですが、それよりも管理〟の大変さから解放されることの方が、重要事項であると判断しました。

まとめ

Kindleなどの電子書籍端末はいらないという意見もあります。

しかし、やはり個人的には電子書籍端末の方がメリットが大きいというのが結論です。

読み放題サービス『Kindle Unlimited』なども相まって、電子書籍の利便性は高まってきています。

デジタルの普及によって今まで煩雑であった「管理」の大変さも緩和されてきています。

Kindle端末なども例外ではありません。

読書で周囲と〝差〟をつけよう!

学校の〝お勉強〟は全事象のごく一部。
また「嘘」も混じっています。

読書が自分を変えてくれました。

月額980円の読み放題

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

HAKAのアバター HAKA Kindle Author

Kindle Author / 宅地建物取引士 /
2級ファイナンシャル・プランニング技能士
学士(法学)/ 趣味Guitarist /
突発性難聴・メニエール病/ 難聴 /
元・伊藤塾司法試験塾長クラス
Kindle著書:『読書脳』『コロナと憲法』など
Amazon kindleストアより発売中。

配信曲:『Unleash The Fury』
初ギターインストゥルメンタルSingle曲
Apple Music等から配信!

Single曲『Echoes of Valor』
ゲーム音楽『Relentless Onslaught』

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次