拙著 Kindle本はこちら ➡ 著作一覧

wordpressのブロックエディターは使いにくい?

アイキャッチ画像 ブロックエディター使いにくい

WordPressは数年前までクラシックエディターが主流でした。

しかし、最近ではSWELLや『JIN:R』などブロックエディターに完全対応するテーマも増えてきました。

クラシックエディターに慣れた人達からするとブロックエディターは使いにくいと感じるかもしれません。

しかし、ブロックエディターの方が使いやすいですね。

クラシックエディターだと、コードを目にする機会が増えるのですが、初心者はそれが煩雑に思えてきます。

そのため

サクサク執筆できる方法は他にないものか・・

そんな時に丁度ブロックエディターが出始めてきました。

\ブログやるなら、国内シェアNo1レンタルサーバー/

公式サイトでCheck!

サーバー選びに迷ったら老舗のXserver(エックスサーバー)でOK!

目次

ブロックエディターにおすすめのテーマ

アイキャッチ画像 ノートパソコン

ブロックエディターにおすすめの有料テーマが『SWELL』です。

アフィリエイト報酬があるからおすすめしている人多いよね

確かにそれもありますが、SWELLはブロックエディターに完全対応しています。

このブログもSWELLで作っていますが、執筆がサクサク進みます。

これが大きい。

AFFINGER6もクラシックエディターからブロックエディターに舵を切りましたが完全対応ではありません。

ですから、ブロックエディターで楽になったところもあれば、いまだクラシックエディターを使う部分が多くて、めんどくささを感じるところがあります。

そもそもSWELLに乗り換えたのにはブロックエディターに完全対応していたのも理由です。

そのくらい、ブロックエディターの完全対応は使い勝手がいいです。

例えるなら、ブロックエディターはプラモデルのような感覚です。

パーツを組み合わせてブログやサイトを作っていくというイメージですね。

HTMLでサイトの骨組みを作り、CSSでサイトをコーティングするという感覚ではなくて、用意された物の中から選べばそれだけでサイトが完成します。

細かい部分を説明するよりまずは自分で試してみることをおすすめします。

その方が圧倒的に分かり安いですし、ブロックエディターは説明自体が不要で始めることができます。

SWELLのデモサイトを見てみる

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

HAKAのアバター HAKA Kindle Author

Kindle Author / 宅地建物取引士 /
2級ファイナンシャル・プランニング技能士
学士(法学)/ 趣味Guitarist /
突発性難聴・メニエール病/ 難聴 /
元・伊藤塾司法試験塾長クラス
Kindle著書:『読書脳』『コロナと憲法』など
Amazon kindleストアより発売中。

配信曲:『Unleash The Fury』
初ギターインストゥルメンタルSingle曲
Apple Music等から配信!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次