拙著 Kindle本はこちら ➡ 著作一覧

Rank Trackerの使い方。キーワード選定のための必須ツール

キーワード選定のためのツールとしてRank Trackerを導入しました。

結論としては、

もっと早く導入しておけばよかったと思いました。

競合他社研究がどんなキーワードで検索上位を取っているかも丸裸に出来ますし。

自分のサイトでランキングしているキーワードも一発で分かります。

Googleサーチコンソールをもっと具体化したイメージです。

\ブログやるなら、国内シェアNo1レンタルサーバー/

公式サイトでCheck!

サーバー選びに迷ったら老舗のXserver(エックスサーバー)でOK!

目次

Rank Trackerを導入した理由

パソコンで分析

検索結果上位に表示されるにはどうしたらいいか・・・?

ブログを運営しているとやはり、検索結果に表示されないのはツラいものです。

そこで

Googleキーワードプランナーもいいのですがやはり本格的なチェックツールが欲しくなりました。

ツールがなければ戦略も練ることが出来ません。

地図を持たずに旅行に行くようなものです。

あるいは試験範囲が全くわからないままテストを受けるようなものです。

Rank Trackerは自サイトチェック、キーワード順位も示してもらえます。

Rank Trackerの使い方

初期設定

インストール後、Rank Trackerを起動します。

最初に設定ウィザードが表示されるので、指示に従って初期設定を行います。

例えば、追跡する自分のウェブサイトのURLやキーワードを入力します。

「環境設定」⇨「パーソナライズ」に設定項目があります。

使用する検索エンジン

「Japan」に設定しましょう。

使うブラウザは、「Google」。

レポートの確認

設定が完了すると、Rank Trackerがキーワードの順位を追跡し始めます。

定期的にレポートを確認することで、SEO戦略の効果を把握できます。

毎日確認しましょう。

データのエクスポート

個人的はあまり使っていませんが、レポートやCSVデータをエクスポートすることも可能です。

Rank Trackerを活用するためのヒント

定期的なチェック

定期的にキーワードの順位をチェックすることが重要で、週に一度はレポートを確認し、変動を把握しましょう。

競合分析

競合他社のキーワード順位も追跡することで、自分のサイトと比較できます。例えば、競合が上位にランクインしているキーワードを特定し、それに対する対策を講じることができます。

カスタムレポートの作成

自分のニーズに合わせてカスタムレポートを作成することで、より詳細な分析が可能です。例えば、特定の期間におけるキーワード順位の変動をグラフで表示することができます。

Rank Trackerは、SEOの効果を最大化するための強力なツールです。正しい購入手順と活用方法を理解し、自分のウェブサイトのパフォーマンスを向上させましょう。

そもそも検索上位に表示されない原因

上位表示されない
  • そもそも自分のドメインパワーが足りていない
  • 競合他社が強い可能性がある(検索数は多いが、企業サイトが上位を占めていて、個人ブロガーでは資金的や人員的に対抗できにくい可能性がある。)
  • ブログの内容が足りていない

同じ記事でもドメインパワーが足りていないと、記事が上位されにくい傾向があります。

企業サイトなどは基本的に正面から挑むのは避けた方が時間を節約できます。

企業サイトは人員も資金も潤沢ですから、SEO対策では相手にするだけ時間の無駄です。

上位表示されているドメインパワーの強い企業サイトに挑むのは、

LV1の状態でラスボスに挑むようなものです。

ランクトラッカーの検索数を使ったキーワード選定の戦略

キーワード選定の戦略
  • 自分のドメインパワーが弱いときには企業などの強い競合は基本的な戦略としてはスルー
  • キーワードは少なければいいというものでもなく、検索数の多いキーワードでも執筆する価値はある。(必ずしも検索上位を取らなくてもアクセス、オーガニックトラフィックを見込める場合がある)

Rank Trackerの導入時期

砂時計

Rank Trackerなどのキーワード選定ツールの導入時期はなるべく早いほうがいいです。(個人的には1年以上経ってから導入)

その方が近道ですし、執筆の手助けにもなります。

例えば、自分が書きたいキーワードが思いつかないときに、Rank Trackerを使うとキーワードを思いつくことが出来ます。

Rank Trackerを早期に導入する理由
  • キーワードを早く見つけることが出来る
  • ネタに困らない

Rank Trackerで出来ること

Rank Trackerで出来ること
  • 検索ボリュームの調査
  • 競合他社の調査
  • キーワード選定
  • キーワードのランキング確認
  • ドメイン強度の把握

検索ボリュームの調査

  • キーワードプランナー
  • オートコンプリートツール

などによって検索ボリュームを調査することが出来ます。

初心者のうちは、「検索数」の多いものではなく、少ないものから攻めていくといいでしょう。

具体的には「検索数」100~500くらいのボリュームです。

サイト全体のドメインパワーを上げていくためにも、検索数10くらいのものでも上位表示獲得のためにガンガン攻めていくといいでしょう。

競合他社の調査

Rank Trackerの「競合他社の研究」項目で、競合を研究できます。

また、

キーワードギャップ

を使うことによって、自分のブログに足りないキーワードを見つけることが出来ます。

一言で言うと、

競合他社を丸裸に出来る、脅威的な機能です。

  • どのキーワードで上位表示できているか
  • どのキーワードが自分のサイトには足りていないか

といったようなことを知ることが出来ます。知ることが出来ます。

ドメイン強度の把握

ドメインパワー

「ドメイン強度」の項目で、自分や他人サイトのドメインパワーを知ることが出来ます。

ドメインパワーは1ヶ月に「0.01」ずつ増えていくようです。

被リンクなどが集まったり、人気度が高まっていくと増えていきます。

ドメインパワーが上がるメリット
  • 検索上位に表示されやすくなる
  • クローラーの巡回が優先的に早くなり、インデックスされやすくなる
  • 単純に自分のサイト・ブログの資産価値が上がる

ドメインパワーを上げるにはどうすればいいのか・・・?

ドメインパワーを上げる方法
  • 被リンクを増やす
  • アクセスを増やす
  • 上質な記事を書く
  • SEO施策をして検索上位に表示させる

Rank Trackerの使い方

キーワードプランナー

Rank Trackerは色々な機能がありますが、まずは自分が気になった機能から使っていくのがいいでしょう。

一番最初に使う箇所は、「キーワードプランナー」でしょう。

真ん中の入力画面にキーワードを打ち込みます。

すると、「検索数」などが表示されます。

ランクトラッキング

トラフィック

「ターゲットキーワード」にある「ランクトラッキング」という機能があります。

とにより、キーワードのランキングや検索数、競合性などを管理することが出来ます。

ランキングキーワード

分析

「キーワード調査」の「ランキングキーワード」を使って、自分のサイトで検索結果にランクインしているキーワードを調べることが出来ます。

レポート

「レポート」(ショートカットキーで「Alt+6」)を開いてやります。

そして、「ランキング履歴」を確認すると、自分のキーワードランキングの推移が分かります。

キーワード管理する理由

それはキーワードにも変動があるからです。

洋服にもトレンドがあるようにキーワードにもトレンドがあります。

季節などのトレンドキーワードにも差があります。

ランクトラッカーを導入したのはいいものの、どうやってキーワードを探せば・・・

結論から言うと、

  • 「ランキングキーワード」を使って探す
  • 「レポート」⇨〝ランキング履歴〟を使って探す
  • 「検索数」をチェックする

キーワード検索数の目安

キーワード
キーワード

ランクトラッカーはGoogleキーワードプランナーと違って(1000~1万など)、検索数が具体的に出てきます。

ランクトラッカーは、10、20、150など数字が具体的に出てくる

キーワード選定の基準の検索数はブログのドメインパワーによって変わってきます。

基本的には検索数は、1,000以下くらいのものを探した方が、競合が少ないでしょう。

ただ、それは検索ランキング上位を目指した場合です。

検索数は少ない方が本当にいい?

疑問

検索数は本当に少ない方がいいのかな・・・?

検索数が多いキーワードは避けた方がいいのか。

個人的に気になったので、

他の人のブログのドメインをランクトラッカーの「ランキングキーワード」に打ち込んで調べてみました。

そこで分かったのは、

検索上位を目指さずにアクセスを狙う場合は、検索数が多いキーワードでもいい

例えば、検索数が50,000を超えているようなキーワードでもランキング20位圏内くらいを目指せば、検索流入(オーガニックトラフィック)ある程度見込めます。

※ オーガニック・トラフィック=自然検索流入≠アクセス

検索上位にこだわりすぎていました

絶対に、検索数が少ないキーワードを選定した方がいいのか?

検索数が多いキーワードもある程度流入が見込めるかの可能性があるため、使っていくのも正解。

リライトすべき記事が分かる

トラフィック

ランクトラッカーを使えば、リライトするべき記事も見えてきます

リライト時にも以下の機能を使ってリライト記事を決めていきます。

ランキングキーワードレポート
穴場キーワードの選定に役に立つ。キーワードの毎日の変動が分かる

「キーワード調査」⇨「ランキングキーワード」に、自分のURLを打ち込みます。

「キーワード調査」はショートカットキーで「Alt+2」で一発で出ます。

そこでランキングしている自分のサイトのキーワードやそのランキングを確認できます。

キーワード毎にオーガニックトラフィックも分かります。

STEP
ランキングキーワードをチェック

どのキーワードがランキングしているか一目で分かる。

STEP
「レポート」「ランキング履歴」チェック

自分のランキングの推移が分かる

ランキングが上昇しているキーワードを有している記事はさらに手直ししてもっと上位表示されるようにリライトしていきます。

ただ、すでに1位を取っている記事は安易にリライトできません。

Rank TrackerとGoogleキーワードプランナーどちらがいいか

比較

Rank TrackerとGoogleキーワードプランナーは、併用するのが一番です。

Googleキーワードプランナーだけでは十分でない理由

Googleキーワードプランナーがあれば十分じゃないか。

という人もいるかもしれません。

ただ、それだと、検索数が「100~1000」と、アバウトな状態になっています。

その点、『Rank Tracker』だと「500」や「360」「110」など細かく検索ボリュームが表示されます。

ざっくりと調べたい時はキーワードプランナーでもいいかもしれませんが、狙いたいとは「300」や「500」などのキーワードボリュームですから、若干、不都合があります。

その点を補えるのが『Rank Tracker』です。

Rank Tracker以外の分析ツール

設定ツール

Rank Tracker以外で分析ツールは他にないのでしょうか。

そんなことはありません。

ラッコキーワード

よく使われているのが、『ラッコキーワード』です。

ラッコキーワード

ラッコキーワードもRank Trackerと同じで、サブスクリプションになっています。

ラッコキーワードでも下記のことができます。

  • 検索ボリューム
  • サジェストキーワード
  • 競合他社研究

Rank Trackerも同様のことが出来ます。

ラッコキーワードのデメリット

ただ、登録してみて思ったのが、ラッコキーワードは使用制限が厳しいことです。

月間の使用回数が決められており、それを超えると翌月まで使えなくなります。

料金プランを月額9,900円にすれば、何万回使えますが、それでも無限に調査出来るわけではありません。

その点、Rank Trackerは年間1万数千円(為替変動で変わる)で使えますから、コストパフォーマンスの点では、Rank Trackerに分があります。

GRC

ランクトラッカーと迷うのが「GRC」。

分析ツールを検索していると、必ずと言っていいほど出てきます。

SEOツールラボより

プランは「ベーシック」「スタンダード」のどちらかです。

エキスパート以上は企業向けや中堅サイト向けになってきます。

個人ブログは100記事~150記事(くらいかそれ以上)をめどに考えると検索語数が500くらいでいいかと思います。

「検索語数」は自分が追跡する数です。

個人的に、150記事近くある中でまだ500キーワード登録していませんから、「ベーシック」で足りるかと思います。

足りなくなったら、「スタンダード」にするくらいでいいでしょう。

ランクトラッカーよりも安くて高機能かつwindowsユーザーなら『GRC』ですかね。

\コスパ最強/

※ランクトラッカーより安く高機能

Rank Trackerで狙うべきキーワード

キーワード
キーワード

おそらく、どのブログを参照してもRank Trackerの具体的かつ効果的な方法は載っていないと思います。

その方法を紹介します。

タウンページ言葉

Rank Trackerでのキーワード選定で狙うべき言葉

「タウンページ言葉」

理由としては

契約率が高いからです。

タウンページを調べる人たちは、〝契約するつもり〟で検索しています。

タウンページは電話番号が載っています。

その電話番号にかけるときには、契約率が実に高い状態です。

では、そのタウンページ言葉とは何でしょうか。

具体的には、水道などのインフラトラブル・修理、法律トラブル、人材派遣、結婚相談、カギのトラブル、防犯など

つまりは、緊急性の高い案件ということです。

「ペラサイト」などもおそらくこういったものを主軸に作成されているでしょう。

儲かるキーワードと儲からないキーワードがある

ズバリ、儲かるキーワードは「アクション言葉」です。

アフィリエイトなどでは、ユーザーに〝行動してもらわないと〟いけません。

そのためには、キーワードの中に「アクション」を入れる必要があります。

例えば、「水漏れ 修理」などと検索する人は、早急に〝水漏れを直したいと思って〟います。

ユーザー視点からすれば、「水漏れ 修理」と検索した段階で〝アクションを起こしてお金を支払う気満々〟ということです。

そこで、ネット検索し、出てきたサイトで申し込むと、〝お金が動く〟わけです。

さいごに

ブログで誰でも稼げる!といったうたい文句

確かに、誰でも稼げる可能性はあるかもしれません。

ただ、それにはキーワード選定が前提になってきます。

そのキーワードを調べるのには、分析ツールが必要になってきます。

それには

  • Googleキーワードプランナー
  • ランクトラッカー
  • GRC

といった分析ツールが必要になってきます。

Googleも質の高い記事を投稿してもらえば収益も上がりますからね。

「他には100記事目指そう」ということも言われていますが、根拠が不明確です。

確かに、クローラー認識されて、ドメインパワーを上げるにはある程度のコンテンツの数は必要です。

ブログで稼ごうと思ったら、ブログ記事など「コンテンツ」が必須です。

しかし、そのコンテンツも闇雲にやればいいというものではありません。

そんな情報教えてくれていいの?

と思うかもしれません。

しかし、私は基本的に利害関係を有していません。

それに、実際行動する人は限られています。

情報に触れた人全員が、行動するわけではないのです。

仮に、全員が何かしらのアクションを起こしたとしても、その時には別のシステムに変わっています。

ましてや、IT・通信業界は進歩が早いわけです。

固定電話から携帯電話、スマートフォン、3G回線⇨4G回線⇨5G回線、フロッピーディスク⇨メモリースティック、メモリーカード

通信速度も年々速くなっています。

気がついたときには〝みんなやっています〟

つまり、その時には別の新しい何かが生まれているのです。

必然的に、既存のものは淘汰されていきます。

キーワード選定のために、Rank Trackerなどの分析ツールを導入するのは、収益のためだけではありません。

とは言え、ブログをやっているとや、やはり少なからずPV数が気になるのは事実です。

自分のブログが検索結果の上位に表示されると、単純に嬉しいということもあります。

ブログを通じて社会との接点が持てることは、凄いことです。

一つでもサイト上位に表示されるためには色々と勉強しなくてはならないこともあります。

分析ツールもそのための手段の一つであることは間違いありません。

そこには、費用がかかってきます。

しかし、読書・勉強・音楽やゲーム・スポーツなど、何をするにしても費用がかかってくるのが現実です。

分析ツールはサイト運営にはかかせません。

できるだけ早い時期に導入するのがいいでしょう。

ただし、キーワード選定のため、分析ツールを導入しても、イコール稼げるというわけではありません。

理屈は理解できても、それを実行するのが難しいのです。

例えば、「一本足打法」が理解できたからといって、年間50本以上ホームランがすぐに打てるようにならないのと同じです。

イチローも言っています。

無駄なことをしないと合理的になれない

試行錯誤をいかにやるかは自分次第というのが本音です。

『人みな、有用の用を知りて、無用の用を知らざるなり』

Rank Trackerの検索チェックツール導入と同じくらい、WordPress有料テーマで執筆の高速化を図ることも大事です。

\コスパ最強/

※ランクトラッカーより安く高機能

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

HAKAのアバター HAKA Kindle Author

Kindle Author / 宅地建物取引士 /
2級ファイナンシャル・プランニング技能士
学士(法学)/ 趣味Guitarist /
突発性難聴・メニエール病/ 難聴 /
元・伊藤塾司法試験塾長クラス
Kindle著書:『読書脳』『コロナと憲法』など
Amazon kindleストアより発売中。

配信曲:『Unleash The Fury』
初ギターインストゥルメンタルSingle曲
Apple Music等から配信!

Single曲『Echoes of Valor』
ゲーム音楽『Relentless Onslaught』

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次