拙著 Kindle本はこちら ➡ 著作一覧

Xserverへのドメイン移管のやり方。移管を拒否される理由はコレ。

WordPressを始めたときは、ドメインの取得やサーバーの契約をした段階で満足します。

サーバーとドメインを一緒に契約しているのでドメインの移管などは考えもしないでしょう。

しかし、WordPressの運営を続けていくと、他サイトでドメインを増やしたりサーバーを乗り換えたりする機会があります。

ドメインを移行したいんだけど、どうやってやるのかな・・・?

というわけで、ドメイン移管、あるいはドメイン移管の失敗についても説明していきます。

SWELL
総合評価
( 5 )
メリット
  • ブロックエディター完全対応で執筆がはかどる(とにかくブログが書きやすい)
  • 買い切りで、多機能
  • 初心者から上級者までおすすめ
  • 価格は高めだが、これ1つ多機能、完結
  • 記事毎のPVも一目で丸わかり
  • サイト型、ブログ型、簡単にオシャレなサイトに!
  • SEO対策も考えられたテーマ
デメリット
  • 17,600円と他のWordPress有料テーマに比べて若干高め料金設定

簡単にWordPressブログが作れる

Xserverなら【SWELL】がお得❗/

※ブログやるなら、国内シェアNo1レンタルサーバー

読書で周囲と〝差〟をつけよう!

学校の〝お勉強〟は全事象のごく一部。
また「嘘」も混じっています。

読書が自分を変えてくれました。

月額980円の読み放題

目次

ドメイン移管する理由

アイキャッチ画像 疑問

ドメインを移行する理由はいくつかあります。

下記のような理由からドメイン・サーバーを移行する時が少なからずあるんですね。

ドメイン移行理由
  • ドメインを一カ所にまとめたい
  • ドメインとサーバーの管理が楽になる
  • ドメイン更新費用が安いところに引っ越したい

ドメインを一カ所にまとめたい

ドメインとサーバーは一体ではありませんから、別々に引っ越しが可能です。

複数ドメインになってくると、ドメインを一カ所にまとめた方が管理が楽になります。

ドメインとサーバーの管理が楽になる

同一サーバーの元で複数ドメインを管理しますから、ドメインとサーバーの管理が楽になります。

ドメイン毎に、別々のサイトにログインするのは地味にめんどくさいです。

契約状況など分かりやすいですよね。

ドメイン更新費用が安いところに引っ越したい

ドメイン費用は、キャンペーンなどを利用すると安くできます。

ドメインは更新費用もかかってきます。

2023年になって管理費用など値上げしている関係もあって少しでも安い所に引っ越したいですよね。

ドメイン移管の流れ

ドメインパワー
STEP
ドメインの移行先のサーバーと契約しておく

引っ越し前に家が必要なのと同様、移行先サーバーも契約して用意しておく

重要
ドメイン移管ロックを解除・OFFにする

移管ロックがONのままだと申請を拒否されてしまうから

重要
Whois情報公開代行の設定を解除・OFFにする

ここも解除・OFFにしておかないと申請を拒否される

STEP
AuthCode または、認証鍵(認証キー)を移行元のサーバーで確認

移行元のドメインをクリックし、ドメイン情報から確認できる

STEP
ドメインの移転申請

移行先のサーバーで、認証キーを打ち込み、ドメイン移行申請する

STEP
送られてくる2通の承認メール(移行元・移行先)の手順に従って完了

移行先、移行元のサーバーからドメイン移転の承認メールがそれぞれ来るので、メールからアクセスし、手順に従ってそれぞれ「承認」をクリックして完了

大まかな流れは以上ですが、大体どのサーバーも大きな相違は見られないでしょう。

特に、②と③に関しては要チェックです。

ドメイン移管できない2つの原因

ドメインの移転は最初は上手くいかないことがあると思います。

その結果、ドメイン移管が移管先のサーバーに拒否される事もあります。

ドメイン移管が拒否されるのはなぜ・・・?

その原因は主に以下の2点です。

ドメイン移管できない主な原因
  • ドメイン移管ロックを解除・OFFにしていない
  • Whois情報公開代行の設定を解除・OFFにしていない

ドメイン移管ロック」「Whois情報公開代行

「ドメイン移管ロック」「Whois情報公開代行」この2点をOFFにしておくことを忘れないようにしましょう。

Whois情報公開代行とは

Whois情報公開代行というのは、要は、公開されているドメインの保持者である自分の個人情報をサーバーなどの代行業者に代わってもらっているというこです。

というのも、「ドメイン保持者の登録情報は開示しておかなければならない」と、ICANN(所在地アメリカ)によって義務づけられているからです。

つまりは、Whois情報公開というのは、ドメイン所有者は誰なのか、その情報は何かということが誰でも分かる状態なのです。

義務ですからどうしようもないのですが、企業ならともかく、個人ブロガーなどは個人情報がそのまま分かってしまいますよね。

なお、「JPRS Whois」や「禅ドメイン」などのサイトによってWhois情報は分かってしまいます。

そのWhois情報をサーバーごと代行業者に代わってもらっているのです

ドメインを移管すると、その移管先にWhois情報の代行をお願いする形になるため、移行元の「Whois情報公開代行」はOFFにする必要があります。

Conohaで取得したドメインをXserverに移管する

STEP
Conohaのコントロールパネルから「ドメイン」を選択。

移管したいドメインをクリック

STEP
「移管ロック」や「Whois情報公開代行」の設定をOFF

(「AuthCode」(認証キー)もここで確認)

STEP
Xserverにログインして「ドメイン」管理画面に行く

「ドメイン移管」⇨移管したいドメインを入力し、「ドメインを検索する」をクリック

ドメイン管理画面の「移管申請」ボタンをクリック

ドメイン移管費用

ドメイン移管には費用がかかりますが、Xserverでは以下のようなキャンペーンもやっています。

さいごに

ドメインの移管申請は、サーバーが違っても基本的には以上のようなやり方でOKです。

後は、メールの案内に従って進めていくといいでしょう。

とにかく、ポイントは、「移管ロック」や「Whois情報公開代行」の設定をOFFにすることです。

簡単にWordPressブログが作れる

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

HAKAのアバター HAKA Kindle Author

Kindle Author / 宅地建物取引士 /
2級ファイナンシャル・プランニング技能士
学士(法学)/ 趣味Guitarist /
突発性難聴・メニエール病/ 難聴 /
元・伊藤塾司法試験塾長クラス
Kindle著書:『読書脳』『コロナと憲法』など
Amazon kindleストアより発売中。

配信曲:『Unleash The Fury』
初ギターインストゥルメンタルSingle曲
Apple Music等から配信!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次