拙著 Kindle本はこちら ➡ 著作一覧

YouTubeの動画作成用ソフトをPowerDirector365からFilmoraに乗り換えてみた

動画編集ソフトとして国内トップクラスの人気を誇る「PowerDirector365」

このPowerDirector365から、Filmoraに乗り換えてみました。

目次

PowerDirector365とは

PowerDirector365は365という名前からも分かるように、1年間のサブスクリプションです。

PowerDirectorのほぼ全機能が1年間使える

PowerDirectorには上図のように種類があるのですが、制限を気にすることなく

ほぼ全機能使えます

ShutterStockの画像・動画などが使い放題

ShutterStockにある画像や動画素材を使うことが出来るので素材に困ることも無いでしょう。

サブスクリプションの費用が比較的安い

セールを利用すれば、安く利用することが出来ます。

金額も最大セール時なら、5千円台で買うことも可能です。

PowerDirector365メリット まとめ
  • PowerDirectorのほぼ全機能が1年間使える
  • ShutterStockの画像・動画などが使い放題
  • サブスクリプションの費用が比較的安い

Filmoraは買い切り版にしよう

PowerDirector365は1年ごとに更新が必要なので、その点がネックです。

そのため、それ以外の動画編集ソフトはないかと、前から気になっていた、「Filmora」を使ってみることにしました。

1年間プランと永続ライセンスプランの金額はそんなに変わりません。

なので買い切りの永続ライセンスにしている人も多いようです。

Filmoreは永続ライセンス一択!

永続ライセンスプラン購入時の注意点

Filmoraエフェクト&プラグインを7日間無料プレゼント。8日目以降、毎月1,999円で自動更新されます

なのでしっかりチェックは外しておきましょう。

Filmoreエフェクト

エフェクトは、編集に必要なものはある程度そろっています。

これだけでも簡単な編集は可能ですが、より一層エフェクトを使用したいときは追加の費用がかかってきます。

さいごに

Filmoraは編集画面が見やすく初心者でも簡単に動画編集ができます。

PowerDirectorも素晴らしいですが、初心者にとっては少し迷う部分があるため、Filmoraがいいかもしれません。

ただ、エフェクト面に関しては、無料で使える物以外は追加費用がかかります。

Filmore(有料)がオススメな人
  • 簡単に、動画制作したい人
  • 終了した「Windowsムービーメーカー」の代わりを探していた人
  • 動画を生業にする予定のない人
  • 無料版のロゴを消したい人
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

HAKAのアバター HAKA Kindle Author

Kindle Author / 宅地建物取引士 /
2級ファイナンシャル・プランニング技能士
学士(法学)/ 趣味Guitarist /
突発性難聴・メニエール病/ 難聴 /
元・伊藤塾司法試験塾長クラス
Kindle著書:『読書脳』『コロナと憲法』など
Amazon kindleストアより発売中。

配信曲:『Unleash The Fury』
初ギターインストゥルメンタルSingle曲
Apple Music等から配信!

Single曲『Echoes of Valor』
ゲーム音楽『Relentless Onslaught』

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次