拙著 Kindle本はこちら ➡ 著作一覧

kdpでは1冊も売れないのは本当?Kindle出版のホントのところ

Kindle出版

Kindleを出版しても売れないと悩んでいる時にいい解決策を紹介します。

\月額980円

読書で周囲と〝差〟をつけよう!

学校の〝お勉強〟は全事象のごく一部。
また「嘘」も混じっています。

読書が自分を変えてくれました。

月額980円の読み放題

目次

kindle出版とは

Amazonが提供しているセルフ出版サービスのことです。

KDP(Kindle Direct Publishing)

主に電子書籍を出版することが出来ます。

ペーパーバックも2021年10月から開始されました。

「紙の本」でも出版できるようになりました。

KDPで売るための戦略

KDPで本を売るためには、Amazonに置いておくだけでは足りません。

有名な人ならいいのですが、無名著者は販路を自分で作っていく必要があります。

つまり「露出経路」です。

amazon kindle出版方法

kindle出版のやり方は以下の通りです。

STEP
執筆する

Wordなどを使って執筆していきます。

STEP
表紙を作る

『Canva』などを使って作成

STEP
EPUB形式に変換する

デンデンコンバーターなどを使って変換

STEP
KDPサイトへアップロード

KDPサイトからアップロード

執筆する

writing

執筆ソフト

執筆ソフトは以下のようなものがあります。

  • 一太郎(←私はこれを使っています
  • Word
  • Googleドキュメント

執筆はWordよりも『一太郎』の方がいいと思います。

EPUB形式への出力変換が簡単にできるため、私は『一太郎』をずっと使っています。

初期設定も、新書や文庫など分が作りたい書式をイメージして執筆できます。

『一太郎』は愛用しているソフトなので自分でKindle本も執筆しました。

『一太郎』で始めるKindle出版

⇨『一太郎

kindle出版の文字数

文字数は15,000文字~25,000字くらいにまとめると効率的です。

理由は

15,000文字以下だと少なすぎるし、25,000文字以上あると、〝サクッ〟っと読めない

時間的には、スマホでも読書が出来る時代ですから、空き時間、スキマ時間にトータルで30分~1時間程度で読めるくらいがいいでしょう。

現代人は忙しいですからね????

表紙を用意する

以下の方法があります。

  • 『Canva』を使う
  • 「ココナラ」などのクラウドソーシングサイトで表紙を作ってもらう

『Canva』で表紙を作る方法が一番簡単です。

EPUB形式へ変換

Kindle出版は、EPUB形式への変換作業が必要になってきます。

その方法は、でんでんコンバーターが一般的でしょう。

しかし、それ以上に簡単な方法があります。

それが、やはり『一太郎』です。

Kindle出版代行に頼む

ココナラなど、Kindle出版を代行してもらえるところはたくさんあります。

価格は数万円しますが、商業出版のように数百万円かかるのに比べたらまだ高くない方でしょう。

kindle出版 審査時間

砂時計

KDPサイトにアップロードして実際に店頭に並ぶまで1時間半以上かかります。

前は、4時間くらいかかっていましたが、少し処理が早くなったようです。

ただ、休みの日なのか、日によって処理時間は違います。

kindle出版は儲かる?

Kindle出版は儲かるの?

単刀直入に言うと、儲かりません。

それを言ってしまえば身も蓋もないですが、そんなに甘くはありませんね????

ただ、〝儲かる〟基準は人によってそれぞれです。

しかし、印税、Kindle出版の収入だけで裕福な生活が出来るかというと中々難しいです。

ただ、お小遣い程度に・・、と考えているなら可能かもしれません。

Kindle出版で確定申告が心配になるでしょうが、最初は心配いらないです。

それだけで所得が20万円を超えるのは、後の話です。

儲からなくてもKindle出版する理由

Kindle出版が儲からなくても、やる理由は、

ただ、単に自分がそうしたいから

これに尽きます。

kindle出版の費用

お金(硬貨)
  • Kindle出版の費用は0円です。
  • Kindle出版の手数料はありません。

アップロードするだけでOK!です。

ですから、Kindle出版で在庫を抱えて赤字になるということはありません

商業出版など、本来なら、出版社を通すと、数十万、数百万円かかります。

しかしながらそれがかからないのですから、儲かりにくいとはいえ、出版しない手はありません。

kindle出版は売れない?

疑問

Kindle出版しても売れないということはありません。

売れるためには色々な要素が絡んでいます。

Kindle出版で売るため
  • 知名度がある
  • 表紙が面白い
  • タイトル
  • SNSでの発信、宣伝
  • 紹介

Kindle出版は誰でも出版できるという点では申し分ありません。

ただ、それを「売る」となると、それなりの営業が必要になってきます。

そもそも

無名の著者がkindle本を出版して売れるのかな・・・?

という懸念もあると思います。

しかし、個人的には1冊も売れないということはありません。

確かに、夢のような印税生活とはいきません。

とは言え、自分が書いた本が少なからず売れた喜びは大きいものがあります。

「儲かる」というのと「売れる」というのは全く別です。

Kindle出版(KDP出版)は1冊も売れないという意見もあります。

一方で、1冊出版しただけでそれがベストセラーになるケースもあります。

ただそれは、購入してくれる読者を自分がSNSなどを通じて、集めていることが出来ているケースです。

例えば、

  • ブログなどで情報を発信している
  • セミナーなど
  • You Tubeなどで発信している

その上で自分が発信している情報に関する出版なら購入してくれる読者はいるでしょう。

Amazonは「ジャンル分け」を多くしてありますから、どこかのジャンルで1位を取ることは実は思っているほど難しくはありません。

確かに、爆発的に売れるかというとそうではありません。

しかし、まったく売れないか?というと、そうでもないということです。

実際に1冊でも売れると、

売れた!!

と歓喜します☆

自分がゼロからイチから作ったものですから、うれしいですね。

誰にも頼らずに自分でコンテンツを作って、それが売れる実感はやはり嬉しいものです。

お金とかどうと言うよりも、単純に嬉しい、それだけです。

売れるためには、必要なことは出版す売る前より出版した後が大事ではないかと思います。

  • コンテンツの作成
  • マーケティング

この2つは表裏一体です。

どちらが欠けてもいけません。

しかし、コンテンツ作成に時間をかければマーケティングまで手が回らない。

一日24時間ですから、この2つを同時並行でやろうとするとどうしても時間が足りなくなる可能性があります。

そのため「外注」する方法もある程度までいったら考える必要もあるかと思います。

KDPで売る方法

とにかくまずは「認識」してもらうことが大事です。

“顧客起点”で経営とマーケティングを革新する「顧客ピラミッド」の使い方

このようにまずは「認知」されないことには始まりません。

このあたりは露出を増やす以外に方法はありませんね。

露出を増やす方法
  • SNSなどで宣伝する。
  • 広告を打つ
  • YouTubeで紹介する
  • ブログ等でもリンクを張る
  • Amazonで検索上位に載せる

kindle本の価格を変えてみる

Kindle出版の価格設定は自由です。

ただし、印税を70%にすると、上限が1,250円、印税を35%にすると上限が2万円になります。

最低希望小売価格最高希望小売価格
35% のロイヤリティ¥ 99¥ 20,000
70% のロイヤリティ¥250¥1,250

経済学的には、需要と供給は需要曲線と供給曲線の交わる部分「均衡点」で決まります。

出版しているkindle本の価格は青天井ではありませんが、変更することで需要が生まれるかもしれません。

YouTubeの活用

特に、個人的にはYouTubeが大きいと感じています。

どんなことでもいいので、露出を高めていけば反応があります。

不思議なことに、再生回数が増えれば増えるほど、リンク先のkindle本のKENPが伸びていきます。

Amazonに掲載しているだけでは反応がよくなかったのですが、YouTubeと連携することで、ペーパーバックの本も購入してもらえました。

KDPが売れないのは必ずしも内容のせいではない

上記の図を見ても分かるよに売れないのは、内容のせいだけではなく、単に「認識」されていないからということがあります。

販路が必要

例えば、出版社が本を出版してもらえる人を探す時にSNSなどの「フォロワー」を参考にしています。

ある程度集客できている状態だからです。

本の内容が良くても、「集客」できていないと売れません。

腕のいい芸術家でも〝販路〟がないことには売れません。

その点、フォロワーが多い人は販路があります。

売れるかどうかは「確率」の問題

また、売れるかどうかは「確率」の問題でもあります。

マーケターはCVR(コンバーション率)でもものが売れる事を知っています。

ものの善し悪しももちろん大事ですが、それ以上に、確率も大事なのです。

CVRは1%くらいが平均と言われていますが、仮に10万人フォロワーがいれば、単純に1,000人くらいは購入してもらえる計算になります。

まったく興味がない人も例外ではありません。

kindle出版して稼ぐより・・・

Kindle出版を生業にしている人で、それなりに稼いでいる人たちは、

kindle出版プロデューサー

も同時にやっている方々がいます。

Kindleを出版したいという人のサポートです。

  • 代筆
  • コンサルティング
  • 表紙作成
  • 編集・推敲

といった、ことを担当します。

Kindle出版全般を担当してもらうと、数万円、それなりに費用がかかります。

需要は結構あるみたいです。

ですから、kindle出版プロデューサー養成講座といった講座もあります。

kindle出版で出版した小説が売れない

など悩んでいる人は、Kindle出版プロデューサーに頼んでみてもいいかもしれませんね。

Kindle出版自体よりもむしろこちらの方が稼げるかもしれませんね。

kindle出版の注意点

Kindle Unlimitedに登録をした時には、90日は他の場所で電子書籍できない

Kindle Unlimitedに自分の電子書籍を登録すると、購入されなくても読まれるだけで印税が入ってきます。

1KENP=0.5円ほどになってきます。

要は、1ページ読まれると0.5円で100ページ読まれると50円といった感覚です。

kindle本が売れなくても副業にできる?~Kindle出版の可能性~

出来ます。

色んなKindle著者の本を読ませてもらってますが、正直、有名人の本より参考になる部分が多いです。

例えば、Kindle著者、Ziziさんなどの本では、海外移住など一般的な目線で書かれています。

大手旅行代理店のような、リッチな情報ではありません。

kindle本は「個人」が持っている人生を本に出来るのです。

可能性は無限大ですね。

Kindle出版の副業に関しては、拙著も参考にしていただければと思います。

『書く』副業 ~Kindle出版は儲かる!?~: 〝出版したい〟と言って、笑われた私がペンを握ってみたら・・・

Kindle出版の印税は?

商業出版の印税
Kindle出版の印税
  • せいぜい、10%程度
  • 70%の印税(35%もある)

あなたがいま、Kindle本を出す理由(わけ): セルフブランディングにも役に立つ!(中野 有紀子)というKindle本を読むと、中野さんのKindle本の印税はなんと100万円だそうです。

単純に凄い金額です。

有名人が出す本でも、〝ちょっといいパソコンが買える〟という程度の人もいるくらいですから????

これもKDPの印税が商業出版に比べて多いというのがあるのでしょう。

印税に関して下記の記事で詳細を紹介しています。参考にしてください。

まとめ

Kindle出版は儲からないですが、ロイヤリティーは高いです。

そのため、商業出版に比べて印税としては悪くない傾向です。

しかし、知名度の点では商業出版に比べて明らかに劣るため自分での営業が必要になってきます。

ただ、自分の本が簡単にKindle出版できるようになった点は非常に可能性を感じます。

ブランディングはもちろん自己表現の一環として出版する時代が到来しました。

この機会を使わない手はないと感じます。

自分が出版して正直な感想

最初はやはり嬉しかったことを覚えています。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

HAKAのアバター HAKA Kindle Author

Kindle Author / 宅地建物取引士 /
2級ファイナンシャル・プランニング技能士
学士(法学)/ 趣味Guitarist /
突発性難聴・メニエール病/ 難聴 /
元・伊藤塾司法試験塾長クラス
Kindle著書:『読書脳』『コロナと憲法』など
Amazon kindleストアより発売中。

配信曲:『Unleash The Fury』
初ギターインストゥルメンタルSingle曲
Apple Music等から配信!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次