拙著 Kindle本はこちら ➡ 著作一覧

いつまでコロナに怯えてワクチン・マスクしているの?

コロナ騒動の顛末

新型コロナウイルス騒動が2023年以降、ようやく一区切りついてきました。

未だに😷している人を見かけますが、おそらく見間違いでしょう(笑)

花粉症という可能性もありますからね…。

ただ、コロナが敵だと思っている人はもう一度勉強し直した方がいいですね。

そもそも、コロナは今までに7種類存在しており、(正確にはウイルス名はSARS-CoV-2、病名はCOVID-19)今回が初めてではありません。

また、ワクチン接種後の被害もまったく無視できません。

今回のコロナワクチンによる健康被害には、〝救済制度〟が設けられています。

その件数は非常に多く、1977年2月~2021年12月までの3,522件を遙かに超え、4,914件に上っています。(2023年10月26日までですら)

コロナワクチン 救済制度 認定件数

コロナワクチンはたった数年で、数十年の被害を超えました。

今でもハッキリ言わせてもらいますが、2020年から2023年初頭頃までの〝コロナ騒動〟の顛末はひどいものです。

中世ヨーロッパの魔女狩りが現代に蘇り横行したと言っても過言ではありません。

その証拠に、マスク😷していないだけで裁判にかけられる事態にまで発展しています。

ピーチ航空の件でも、論点をすり替えている点が見受けられます。

本来はマスク有無で人権侵害が論点のはずが、暴行を働いて機内を乱したという内容にすり替わっています。

機長の権限を悪用して国の最高法規である憲法の人権を多大に侵害したケースでしょう。

空の上なら機長の権限は憲法も超えるというのでしょうか。

それなら、機長は憲法の主権者である、国民よりも偉いということになってしまいます。

『王といえども法には従う』のが憲法の役割ですが、おそらくそれすら知らない人がいるのでしょう。

「法」と「法律」の違いも分からないのでしょうね。

それゆえ、人権侵害もいとわず無関心でいられる。

そんな大人が、〝SDG’sで地球環境に優しく〟〝思いやり〟などとは、笑止千万と言わざるを得ません。

どこが思いやりでしょうか。

思いやりで血中酸素濃度も低下すると言われているマスクを強制し、ゴミでしかない角のとがった透明で見えづらい危険なアクリル板を設置し、ワクチンを半ば強制的に打たせ結果、多大な人権侵害と健康被害を招きました。

正直、はらわた煮えくり返るような件です。

ハンセン病患者差別は、国民の無知が差別を招いた典型です。

人権意識の高い国民性?ですから当然学校などでも習ったことでしょう。

魔女狩りは現代でも横行するのだと身をもって知ることができました。

魔女狩りを国の司法が公然と行っている姿は恐怖すら感じます。

それを是認している国民も正直本気で嫌いになりました。

自分自身が『コロナと憲法』という著書を執筆したのは、そういう国民が作り出した多大な人権侵害の歴史に辟易下からです。

いちいち人に話すのは面倒なので、本を出版しておけば、本が説明してくれます。

コレ読んで。

『コロナと憲法』を読んでから議論しようか

そう言えますからね。

YouTubeなどでコロナやワクチンに関する事実をしゃべったりすると・・・・削除されます。

しかし、政府や医師会、マスコミなどが発表している、印象操作は削除されませんが、なぜでしょうか。

TVのおかしなグラフ

〝統計で人を騙す方法〟を紹介している書籍もあるくらいですから、よくよく注意深く見る必要があります。

本音を言うと、この本を出版した際は自分は死んでもいいくらいの覚悟で書いています。

学者やジャーナリストに及び腰になることはないと教えてくれました。

利権が絡むと平気で嘘もつく存在だと改めて認識することができました。

コロナに怯え、他者の人権を甚大に侵害し、自分たちの利権のためなら平気で嘘も垂れ流す、医師会や製薬会社、政府、マスコミなどを盲信する様は、カルト宗教に近いと感じます。

それまでは性善説の立場でしたが、今後は一切手を緩めないことにします。

『目には目を歯には歯を』、自分自身、難聴で持病もあり、健康被害に関しては死活問題です。

ですが、医療などに訳も分からず殺されるくらいなら、事実を書いてやろうという気持ちで執筆しました。

神風特攻隊というわけではありませんが、自分を守れるのは自分自身です。

医者に処方された薬で、3回救急車で病院送りにされた経験からそう確信しました。

自分は死んでも本が語ってくれます。

現代の日本人には伝わらなくても、数十年数百年先の日本人なら共感してくれるでしょう。

ー『SWELL』なら簡単にトップページを作成可能!ー

初心者でも簡単に、サクサク執筆できるWordPressテーマはないかな?

そんな期待に応えるWordPressテーマが『SWELL

納得

SWELLを使えば、トップページなど、簡単にカスタマイズできるようになっており、初心者でも安心して利用できます。

項目を選ぶだけでカスタマイズ可能!

『SWELL』= シンプル、高機能、最先端のWordPressテーマ

今すぐ自分のサイトが持てる!

変化を求めて本気でテーマを選んだ

  • サクサク執筆できる
  • 専門知識不要!
  • 買い切り
  • ブロックエディタ完全対応の直感操作!
価格は?

17,600円

追加費用は?

サブスクリプションではなく、〝買い切り〟テーマのため、一度購入すれば追加費用なしで使えます。

アップデートはされる?

アップデートも随時行われており、追加の費用もかかりません。

サポートは?

公式HPやXなどから問い合わせることができ、アップデートされているようです。

初心者でも簡単?

WordPress初心者の人は特におすすめです。

カスタマイズ項目も厳選され、公式HPでプラグインや、マニュアルを参考にすれば、誰でも比較的簡単にサイトを作ることが可能なテーマです。

HTMLやCSSの知識は必要?

HTMLやCSSの知識がなくてもブログやサイトを作ることが可能です。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

HAKAのアバター HAKA Kindle Author

Kindle Author / 宅地建物取引士 /
2級ファイナンシャル・プランニング技能士
学士(法学)/ 趣味Guitarist /
突発性難聴・メニエール病/ 難聴 /
元・伊藤塾司法試験塾長クラス
Kindle著書:『読書脳』『コロナと憲法』など
Amazon kindleストアより発売中。

配信曲:『Unleash The Fury』
初ギターインストゥルメンタルSingle曲
Apple Music等から配信!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次