拙著 Kindle本はこちら ➡ 著作一覧

マネタイズとは?わかりやすく説明してみる。

目次

マネタイズとは

マネタイズという言葉があります。

一言で言うと、「収益化」です。

最初は貨幣を造ったり、通貨を発行したりという意味です。

ブログをやっていて思うのは、マネタイズには〝タイミング〟があるということです。

マネタイズの具体例

例えば、プロ野球選手からメジャーリーガーになって10億円プレーヤーになることを最初から考えるでしょうか。

少年野球から始まり甲子園目指して高校野球、大学、社会人野球など段階を踏んでいるはずです。

近所の少年野球チームに入った瞬間に、

10億円プレーヤーになる。

とは考えないはずです。

マジシャンも最初からお金のことは考えていませんよね。

マジックを披露したら皆に喜ばれてそれが嬉しくて練習するでしょう。

ギタリストも、単にタイターを弾くのが楽しくて気がついたらギターが仕事になっていた、という人が多いでしょう。

要は、自分が自分が磨いてきたテクニックで、ある時ふと

これでお金を稼ぐことができないか…。

そう、考えるわけです。

つまり、それが「マネタイズ」のタイミングです。

You Tubeなどの動画のマネタイズはまさにいい例です。

マネタイズは難しい。
自分にはなんの取り柄もないし、You Tubeなんかやったって・・・

そんな風に考えていた人でも、現に収益化している人がいます。

ある時、自分の口座にお金が振り込まれていて、驚いたという人もいます。

まさに、「自分」というコンテンツが、見事に「マネタイズ(収益化)」されたのです。

もちろん最初からマネタイズを考えていた訳ではないでしょう。

ただ、継続することがマネタイズへの道を開いたことだけは確実です。

マネタイズのポイント
  • とにかく継続すること

ブログのマネタイズ

ブログも全く同じ考えです。

要は、最初からマネタイズを考える必要はありません。

むしろ、マネタイズは最初から考えない方がいいかもしれません。

ブログに関して言えば、順番はこうです。

STEP
ブログを執筆する

マネタイズ云々の前に、まずは、とにかくコンテンツ作り

STEP
SEO対策に興味を持つ

キーワード選定、適切な内部リンク対策、カテゴリー・タグ設定

STEP
自分のブログが上位表示されるようになる

検索流入や、外部リンクなどによって読者が集まってくる

STEP
PV(ページビュー)が増えてくる

読者からのレスポンス(購入など)が期待できる(マネタイズのタイミング

STEP
そのうちの何%かの人が自分のコンテンツを購入してくれる

⇨この瞬間がマネタイズ達成!

SNSのマネタイズ事例から学ぶ ~集客9割~

Instagramも開発者が13人ほどで、やっていましたが、2012年、Facebook(現 メタ・プラットフォームズ)に10億ドルで買収されます。

買収されるまで、Instagramはほとんど収益化していませんでした。

それが、今は200億ドル以上の収益を上げているようです。

買収時、Instagramは3,000万人ほどのユーザーがいました。

買収後は10億人以上のユーザーがいます。

このInstagramの話から分かるのは、

集客9割  収益1割

要は、最初から収益化を目指すより最初は徹底して集客に力を入れるべきということです。

ブログのマネタイズ方法

ブログのマネタイズは以下の方法があります。

ブログのマネタイズ方法
  1. アフィリエイト
  2. 自分のコンテンツの販売
  3. Google AdSense
  4. セミナー・イベントなどへの勧誘

などが考えられます。

アフィリエイト

A8.netなどのアフィリエイトサイトに自分が登録して行っていきます。

アフィリエイトに関しては、色々な人が説明し、Googleで検索すれば出てきますから、参考にしてみるとよいでしょう。

「アフィリエイト」と聞くと

なんだか怪しい

という印象があります。

私も最初はそうでした。

しかし、テレビや他の企業サイトでも当たり前のようにやっていることに気がつきました。

優れた商品だけが売れる?

例えば〝家電芸人〟が家電製品を紹介しているのも、まさにアフィリエイトです。

アフィリエイトは一言で言うと、「紹介料」です。

芸人がテレビで紹介して、それを何十万人、何百万人の人が見るわけです。

Twitterなども「インプレッション」があるように、まずは〝見てもらわないと〟いけません。

商品販売のマーケティングの第一歩は「認知」です。

そして、最終的にはその何%の人かが購入してくれるわけです。

ここで大事なのは

優れた商品だけが売れるわけではない

とういことです。

成績のいい営業マンとそうでない営業マンの違いは何でしょうか。

それは、出会った人の数です。

成績のいい営業マンは、少しでも多くの人に会おうとします。

なぜなら、商品がよくても必ずしも売れるわけではないことを知っているからです。

要は、商品の善し悪しではなくて、母数の問題です。

出会う人の母数が多ければ多いほど購入してもらえる確率が上がるのです。

ナンパの成功率をご存じでしょうか?

ナンパの成功率は2%ほどと言われています。

「ナンパ」は、旧司法試験(現 司法試験予備試験)より難しいのです。

その成功率を上げるにはどうしたらいいでしょう。

答えは簡単です。

より多くの人に声をかければいい。

要は、忍耐力なんです。

イケメンじゃないとか、金持ちじゃないとか、そんな理由ではありません。

単に、母数が少ないだけなのです。

その母数を上げてるには芸能人とテレビ、広告代理店などが徒党を組んでアピールするのが手っ取り早いのです。

そして、そのうちの何%かが芸能人の懐に入り込むという仕組みです。

これはもう立派なアフィリエイトですよね。

You Tubeのマネタイズ

他にも、Youtuberのマネタイズも然りです。

インフルエンサーが動画で商品を紹介して売るのも、まさに「動画アフィリエイト」というわけです。

やはり、商品の善し悪しではありません。

「この人が紹介しているから」「あの芸能人も使っているから」「通販番組を見た」

それ全部、アフィリエイトです。

身近ですよね。

収益ページ:集客ページの比率は

さて、それをブログに置き換えましょう。

ブログのマネタイズです。

そのために必要なものがあります。

それが「収益ページ」です。

「キラーページ」とも言います。

最終的にお客さんに商品を買ってもらうページのことです。

結論から言うと、このページに内部リンクをつないでお客さんを誘導します。

この「キラーページ」に必要なライティングが「セールスライティング」です。

ライティングに関しては別記事で説明します。

マネタイズのためには

収益ページ:集客ページ =1:9の割合

くらいで用意していくのがいいでしょう

収益ページって少なくていいの?

それでかまいません。

なぜなら、収益ページへと集客ページは、内部リンクでつないであげるからです。

収益ページと集客ページを内部リンクでつないでやる

大事なのは集客ページでPVを上げて収益ページに導いてあげることです。

例えば、UNIQLOなどでセールをやりますよね。

なぜするかというと、もちろんお客を呼ぶためです。

目玉商品が広告に載ってありますが、店内には色々他にも洋服はあります。

しかし、来店してもらわないことには買ってもらえません。

CVR(成約率)が上がっていかない

いくら収益ページが多くあってもそれがお客を呼びこめない記事だと結果的にCVR(成約率)が上がっていきません。

CVRを上げていくにはまずお客さんに来てもらう必要があります。

ページによってライティングも変わってくる

集客ページのライティング

これは、検索上位を狙うためのSEOライティングになります。

具体的には

ライティング

  • 検索キーワード
  • 検索ボリューム

といった検索上位狙いのライティングです。

収益ページのライティング

最終的にCVRを上げていくためのページですからSEOを施した記事である必要はありません。

必要なライティングは、セールスライティングになります。

どうやったらお客さんの背中をそっと押して買ってもらえるかということですね。

さいごに

収益ページと集客ページはリアルなUNIQLOなどリアル店舗での商売を考えたら分かりやすいです。

マーケティングでCVRやCTRがあるように、一連の流れには目立ちませんが色んな戦略が隠されています。

ひとつひとつがつながって最終的にマネタイズできるのです。

ですから、面倒くさいからと言って全部をごっちゃ混ぜにするのではなくて、丁寧に記事を作り込むのがいいでしょう。

法人サイトなどがいい例です。

私も少しずつではありますが、取り組めたらと思います。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

HAKAのアバター HAKA Kindle Author

Kindle Author / 宅地建物取引士 /
2級ファイナンシャル・プランニング技能士
学士(法学)/ 趣味Guitarist /
突発性難聴・メニエール病/ 難聴 /
元・伊藤塾司法試験塾長クラス
Kindle著書:『読書脳』『コロナと憲法』など
Amazon kindleストアより発売中。

配信曲:『Unleash The Fury』
初ギターインストゥルメンタルSingle曲
Apple Music等から配信!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次