拙著 Kindle本はこちら ➡ 著作一覧

ブログは量と質のどっちが重要?

ブログを書いていて、気になるのが、

ブログは「量」と「質」のどちらが大事なのだろうか…?

という点です。

どちらが大事なのでしょうか。

目次

やっぱり「質」が大事

結論から言えば、ブログは「質」の方が大事です。

とは言え、自分が書きたいことを書く分には量と質のどちらでも構いません。

「質」がないとクローラーに巡回されない

ブログはGoogleのクローラーが巡回してインデックスされるのに、ある程度〝ヒット〟する必要があります。

紙の本などは、善し悪しをクローラーが判断するワケではありませんから、自由に書けます。

その点においてブログはクローラーが認識しやすいように言葉を選んで記載する必要があります。

「質」あっての「量」

ブログも以前は「量」を重視していました。

しかし、それでは意味のない言葉を並べてもOKということになってしまいますから、アップデートされ、「量」の重要性が以前ほどではなくなりました。

「量」が大事ではないわけではありませんが、「質」が伴って初めて「量」も意味をなしてくるのです。

ブログの分析は「量」が大事

ブログを検索結果に表示させようと思ったら「質」が大事ですが、ブログを分析するためには「量」が大事になってきます。

それは言い換えれば失敗データが必要ということです。

「量」のためには失敗データも必要

ブログを分析するためには、成功例だけでは物足りません。

どの記事が良くてどの記事が弾かれるのかを分析するためには、ある程度の〝失敗データ〟が必要なのです。

そのためには、記事の「量」がある程度必要になってきます。

マーケティングは試行錯誤

マーケティングに絶対的な答えはありません。

だからこそ、色々試行錯誤しないと最大公約数的な部分が見ててこないのです。

さいごに

ブログは、紙媒体と違って、ある程度のキーワードをブログの中にちりばめてやる必要があります。

それが、検索結果に表示されるためのSEO対策です。

人間に訴えかけるものではない以上仕方のないことですね。

ですからブログは「質」が重要です。

一方でその後の分析においては「量」が必要になってきます。

「質」を重視する時と「量」を重視するときが違っているのです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

HAKAのアバター HAKA Kindle Author

Kindle Author / 宅地建物取引士 /
2級ファイナンシャル・プランニング技能士
学士(法学)/ 趣味Guitarist /
突発性難聴・メニエール病/ 難聴 /
元・伊藤塾司法試験塾長クラス
Kindle著書:『読書脳』『コロナと憲法』など
Amazon kindleストアより発売中。

配信曲:『Unleash The Fury』
初ギターインストゥルメンタルSingle曲
Apple Music等から配信!

Single曲『Echoes of Valor』
ゲーム音楽『Relentless Onslaught』

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次