拙著 Kindle本はこちら ➡ 著作一覧

Amazonプライムのメリット、デメリットは何?

Amazonプライムは年額5,900円のサービスです。

登録することによって、様々なメリットがあります。

目次

一番のメリット

送料無料

Amazonプライムで一番のメリットは、配送料無料ではないかと思います。

注文金額が2,000円に満たない時は送料が、本州・四国410円、北海道・九州・沖縄・離島は450円かかってきます。

プライムビデオ見放題

Amazonプライムビデオのサービスもついてきます。

映画・ドラマなどが見放題です。

これだけでも元が取れそうですね。

Prime Reading

電子書籍などの読み放題サービスもあります。

自分が読みたい本がPrime Reading対象になっている時は少ないのですが、追加料金なしで本が読めるのはお得ですね。

Kindle Unlimitedに登録するまでは使っていました。

フライデーセールなど

Amazonプライム会員は、ブラックフライデーセールなどの時に、一般ユーザーよりも先に買い物できます。

どうせ、在庫はあるでしょ?

そんな風に思っていたため、この特典にうまみを感じなかったのですが、地味にあなどれません。

なぜなら、セールが始まると注文が殺到しますから、商品の発送が大幅に遅れてしまうからです。

そのため、自分が欲しい商品がセールで安くなっている時は、プライム会員以外の人がセールに参入する前に購入しておく方が、早く商品が手に入ります。

Amazonプライムのデメリット

年額5,900円、月額600円の費用がかかる。

自動更新

Amazonプライムは自動更新があるため、放っておいたら勝手に自動更新されてしまいます。

解約する気がまったくない人はいいですが、自動更新したくない時には更新期限には注意が必要です。

心配な人は、アカウントサービスのところから「会員情報を更新し、プライムをキャンセルする」の箇所でキャンセルしておきましょう。

キャンセルしても期限いっぱいはAmazonプライムが使えます。

「更新前にお知らせを受け取る」にチェックを入れておくと、プライム会員資格終了の3日前に登録しているEメールに通知を送ることが出来、キャンセル忘れも防ぐことが出来ます。

さいごに

Amazonプライムはその他にも特典が多くあります。

とりあえず登録しておいた方が良いとは思います。

ただ、以前は年額3,900円のサービスでした。

それが、4,900円に値上がりして、今では2023年夏頃から5,900円まで値上がりしました。

年額3,900円なら、〝とりあえず〟登録しておこうかなという金額でした。

ただ、今は以前から2,000円高くなって、正直迷っています。

あればあったで便利です。

映画も頻繁に見るわけではありませんが、たまに見ています。

登録しておけば、Amazonで買い物する時も、「配送料」を気にする必要はありません。

登録しておけば何かと便利ですが、今は年会費と天秤にかけて考えようとは思っています。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

HAKAのアバター HAKA Kindle Author

Kindle Author / 宅地建物取引士 /
2級ファイナンシャル・プランニング技能士
学士(法学)/ 趣味Guitarist /
突発性難聴・メニエール病/ 難聴 /
元・伊藤塾司法試験塾長クラス
Kindle著書:『読書脳』『コロナと憲法』など
Amazon kindleストアより発売中。

配信曲:『Unleash The Fury』
初ギターインストゥルメンタルSingle曲
Apple Music等から配信!

Single曲『Echoes of Valor』
ゲーム音楽『Relentless Onslaught』

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次